選ばれる企業とマナー

交通
JR九州(九州旅客鉄道株式会社)

会社発足以来、変わらず大切にしてきた
“安全”と“サービス”を前提に幅広く事業を展開。

『安全とサービスを基盤として、九州、日本、そしてアジアの元気をつくる』を理念にする九州旅客鉄道株式会社(以下、JR九州)。大きな話題となっている『ななつ星in九州』などの鉄道事業をはじめ、まちづくりやシニアビジネス、農業などといった事業を、本社、そして35のグループ会社によって幅広く展開している。

そのなかで驚いたことがある。それは、JR九州の売上のなかで、鉄道事業は41.5%しかないということ(2015年3月現在)。つまり、残りの58.5%は鉄道事業以外による売上ということになる。鉄道事業が売上の大半を占めていると思っていたので、これは意外だった。

「鉄道事業は弊社の柱であることには違いありません。しかし時代やニーズに合わせ、ほかの事業をより一層推進させています。そのためにも、幅広い能力をもった人材が必要となります」(人事部副課長・中嶋氏)。

また、“安全”“サービス”がJR九州の価値。「弊社に入社すると、原則として鉄道事業に関わるので、安全への意識を徹底的に教育します。もちろん、マナーやコミュニケーションの指導も欠かせません」(人事部副課長・井坂氏)。こういった育成のなかで、JR九州が大切にしていることがもう一つある。それは「地域に貢献する気持ち」の素養があるかどうかだ。企業として、アジアや九州など地域で勝つことが目的ではなく、地域と共存・繁栄することを大切にしているからだ。

だからこそ、新たな事業に進出しても、JR九州がやることだから信頼される。これからもそういう企業であり続けるだろう。

図 あるべき姿
写真 社員研修
「安全を支える人材の育成」の取り組みの一つとして実施されている社員研修。

PROFILE

JR九州(九州旅客鉄道株式会社)
  • 所在地:福岡県福岡市博多区博多駅前3-25-21
  • 設立:1987年4月
  • 従業員数:9,210名(2015年4月1日現在)
  • TEL:092-474-2501
  • URL:http://www.jrkyushu.co.jp/profile/

《取材後記》

JR九州では、お客様からの苦情や、社員から上がってきた意見を、経営陣に報告し、基本的に2週間程度で回答をしている。こういった社内コミュニケーション力、風通しの良さが、良い企業風土を培う一つになっているのだろう。コミュニケーションは接客に役立つだけでなく、社内においても必要な能力だ。

ところで、『ななつ星in九州』のななつが、何を指しているのか、恥ずかしくも取材をするまでは知らなかった。ななつとは、九州の7県を指している。つまり、それぞれの県がスター性があるということであり、「九州を元気にする」という理念がここにも反映されている。理念と行動がきちんと結びついている。